俺が処女を失った時の話をする

スポンサーリンク



1 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:36:41.85 ID:fnywaPlr0
といっても、つい最近の出来事だが。
まぁ、書き溜めたので、ホモォな展開が好きな奴は読んでくれ。
ちなみにほぼ100%実話です。

2 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:37:48.99 ID:fnywaPlr0

ちなみに俺のスペック
年齢37歳
会社員
既婚、普通体系

もともと俺は大学時代からしゃぶるのが好きだった。
男用の出会い系を利用しては、ペニスをしゃぶってたワケだ。
初めて口内射精された時はヴォェって吐き出したのはいい思い出。

3 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:38:44.54 ID:fnywaPlr0

それは結婚しても変わらなかった。
それでも守り通していたものがある。
キスとケツだ。
これを許してしまったら俺は本物のゲイになってしまう。
チンコは好きだけど、男は好きじゃない。
この気持ち解る奴いるだろ?
しゃぶったりしゃぶられたりするのが好きなだけなんだ。

4 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:40:11.12 ID:fnywaPlr0

そんなこんなで充実したしゃぶりライフを楽しんでいたワケだ。

そしてここからが本題。
つい先日の話になる。

5 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:41:33.47 ID:fnywaPlr0

この日は夜一人で呑みに行くことにした。
ムラムラきてたので、呑みに行く前に某掲示板で募集をかけておいた。
何人か返信来てたんだけど、その中の一人に決めた。
歳は60近いんだけど、場所アリなのが決め手だった。
シャワー浴びたいし、トイレじゃ落ち着いてできないからね。

6 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:43:14.48 ID:fnywaPlr0

相手は「可能であればバックしたい」とメールしてきた。
もちろんそれはお断りした。
ケツの純潔だけは守り通すつもりだ。

7 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:44:08.49 ID:fnywaPlr0

誰もいないか・・
寂しいけど完走します。

8 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:44:48.08 ID:fnywaPlr0

18:30頃から一人で呑み始めた。
いい感じで酔っ払ってくる。
そして21:30頃、車で駅まで迎えにきてもらった。
車種とナンバーは事前に教えてもらってたので、直ぐに判った。
車に乗り込み、
「こんばんは」
と話かけた。
相手もにこにこしながら
「こんばんは」
と言ってくれた。
見た目は歳相応で、優しそうなカンジだった。

9 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:46:06.91 ID:fnywaPlr0

以下、俺はケンジ。相手はシンゴと呼ぶことにする。
車中では他愛無い会話をしていたと思う。
会話をしながら、シンゴさんの太ももに手をそっと置く。
ペニスに近い位置に置いた。
シンゴさんが興奮してるのが分かる。
股間は固くなっていたが、ソレはまだ触らない。
ギリギリまで我慢した方が興奮するだろ?

10 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:46:44.47 ID:fnywaPlr0

そして10分程でアパートに着いた。

部屋に入って驚いたのが、60近い男性の一人暮らしの部屋にしては
凄く綺麗だったことだ。
まずはシャワーを借りることにした。
「タオルはこれ使ってね」「ボディソープはこれね」
色々手際よく準備してくれる。

11 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:47:26.52 ID:fnywaPlr0

俺「シャワー浴びたらタオル一枚で出ますんで、部屋で服を脱いで待っててくださいね」
そう告げて浴室に入った。
浴室も綺麗だった。
服を脱ぎ、シャワーを浴びる。
丹念に股間とケツを洗う。
ケツを使う気はないのだが、しゃぶりあいが好きな人は高確率で
ケツに指を入れてくるからだ。

12 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:48:02.31 ID:fnywaPlr0

実はアナニーはよくやっているので、指を入れられることには抵抗がない。
むしろ好きな方だ。
よくほぐせば指3本は余裕で入る。
このシャワーを浴びている時が一番ドキドキする。
気分はSEX前でドキドキしてる少女の様だ。
シャワーを浴び終え、身体を拭き、バスローブで下半身を隠しながら浴室を出た。

13 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:48:33.82 ID:fnywaPlr0

ゆっくりと寝室の扉を開けると、常夜灯の薄暗い室内で、裸のシンゴさんがベットに
腰掛けていた。
薄暗いながらも、シンゴさんのペニスはギンギンに反り勃っていた。

14 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:49:40.05 ID:fnywaPlr0

俺「足、少し広げてもらえますか?」
シンゴさんはゆっくりと足を広げる。
俺はシンゴさんの足の間で膝立ちになり
俺「僕から攻めますね?」
と言って乳首をゆっくりと舐め始めた。
シンゴ「ううう」
と喘ぎ始めて気持ち良さそうだ。
俺も興奮してペニスはギンギンになっている。

15 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:50:22.33 ID:fnywaPlr0

ある程度乳首を舐めたあと、今度はシンゴさんの内太ももをチュッとキスをした。
そして少しずつ股間に向かってキスを進めて行く。
俺の頬がシンゴさんのペニスに当たるか当たらないかのところで内腿をペロペロする。
シンゴ「ケンジくん・・ケンジくん・・」
余りのもどかしさにシンゴさんは喘いでいる。
そしてピトっと俺の頬にシンゴさんのペニスを当てた。
まだ舐めない。触らない。頬に当てるだけ。
それだけでなのにシンゴさんは気持ち良さそうだ。

16 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:51:05.61 ID:fnywaPlr0

俺「パパ。何か熱いのが僕の頬に当たってるよ?」
と言うとシンゴさんはますます興奮したのか、さらに固さを増したようだった。
あ、ちなみに、シャワーから出た時点で俺の一人称は俺→僕になっている。
なんか、俺の中で、今日はパパに甘える少年的な設定になっていたからだ。
そして、ケンゴさんの事も、この辺りからパパと呼んでいた。
俺「パパ。なんか、すっごく固くなってるよ?どうしてほしいの?」
ケンゴ「しゃぶってほしい・・」

17 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:51:43.23 ID:fnywaPlr0

俺は竿の根元に舌を這わせ、ゆっくりと先端へ向かって進んで行く。
カリの辺りでシンゴさんはビクッとなった。
ゆっくりとカリの周りを舐めていく。
シンゴ「立ってくれる・・?」
シンゴさんはそう言うと俺を立たせて後ろ向きにさせた。

18 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:52:11.88 ID:fnywaPlr0

後からシンゴさんが抱き付いてくる。
シンゴ「とってもかわいいよ・・」
と言って、後から俺の乳首を攻めてくる。
シンゴさんの右手は俺の乳首、そして左手は俺のペニスを攻め始めた。
俺「あぁぁ」
快感の波が押し寄せる。
俺の尻にはシンゴさんの固い物が当たっている。

19 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:52:47.07 ID:fnywaPlr0

しばらく攻められた後、俺をベットに寝かせた。
そして、おいしそうに俺のペニスをしゃぶりだす。
5分程しゃぶられていただろうか・・
酔っていることもあり、トロンとしていると、突然シンゴさんは
キスしてきた。

20 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:53:14.55 ID:fnywaPlr0

しかも最初から全力のディープキスだ。
俺「!!!」
物凄い勢いで舌を絡めてくる。
シンゴさんの右手は俺のペニスをしごいている。
俺が守るべき純潔の一つはあっけなく奪われた。
不思議と・・嫌じゃない。
男のキスの感触も女とほとんど変わらないことを知った。
俺も思わず舌を絡める。

21 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:53:36.18 ID:fnywaPlr0

シンゴさんは右手にツバを付けると俺の穴をいじり始めた。
酔っているからか、力が抜けているため、あっけなく中指(多分)が
ヌプププと入ってきた。
シンゴ「いいケツマンコだね。かわいいね。」
と言って俺の中で指をグリグリした。
俺「ああああ!」
思わず喘いだ。

22 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:54:03.76 ID:fnywaPlr0

よく覚えていないが、指を二本入れたりされたと思う。
俺「パパ・・男のケツで興奮するなんて変態だよぅ・・」
シンゴ「それで気持ちよくなってるキミも変態でしょ?」
そんな会話のやりとりでお互いにますます興奮してくる。

23 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:54:24.20 ID:fnywaPlr0

ケツ穴をいじられ・・ペニスをしゃぶられ・・キスをされ・・
その後10分程シンゴさんの玩具にされた。
シンゴさんは俺の両足をガバっと広げた。

24 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:55:33.01 ID:fnywaPlr0

・・鈍い圧迫感が穴を襲う。
俺「・・パパ?何してるの?」
シンゴ「ケンジくんの中に入りたい・・」
さらに圧迫感が強さを増す。
俺「パパ・・ゴムして?あとローション付けて・・」

25 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:56:10.22 ID:fnywaPlr0

今でもハッキリ覚えてる。
本当に俺の中で二つの人格が戦っていた。
俺A(おい!ケツ犯られるぞ!絶対ダメだろ!?)
俺B(パパァ・・来て・・来て・・僕を気持ちよくさせて・・)
・・・
酒って怖いね。目先の快感と冒険心には勝てないよね。
俺Aあっけなく敗北。

26 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:56:34.41 ID:fnywaPlr0

シンゴさんはゴムを装着し、ローションをタップリと穴の中に塗った。
シンゴ「痛かったら言ってね」
ヌルッ・・亀頭が入った感触がした。
そしてゆっくりと入ってくる。
俺「うそ・・うそ・・入ってるの?」
シンゴ「半分入ってるよ?触ってごらん?」

27 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:56:56.77 ID:fnywaPlr0

指で触ると本当に半分程入っている。
全然痛くない。
そして・・完全にシンゴさんと繋がった。
俺「・・・・・!!」
声にならない声。
快感は・・どうだろう。あまりない。
むしろ苦しい感じだ。
ただ、男にペニスを入れられているという事実がどうしようもなく興奮させた。

28 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:57:26.27 ID:fnywaPlr0

ゆっくりとシンゴさんが動き出す。
シンゴ「痛い?気持ちい?どっちなの?」
俺「わかんない・・でも痛くない・・もっと動いていいよ・・パパ?」
シンゴさんの動きが早くなった。

29 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:58:19.34 ID:fnywaPlr0

やはり痛みはない。
ただ、奥まで入れられるとググっと苦しくなる。
これがいつか快感に変わるのだろうか・・?
そんなことを考えていると・・シンゴ「立ってごらん」
俺を立たせ、窓際に両手を付かせた。

30 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:58:40.42 ID:fnywaPlr0

そして後からシンゴさんの熱い物が入ってきた。
あっけなく奥まで入った。
そしてガンガン突き上げてくる。
俺「あっあっあっ!」
シンゴさんのピストンに合わせて声が出る。
シンゴ「皆にも観てもらおうね」
シンゴさんはそう言うと、カーテンをシャッと開けた。

31 :以下、VIPがお送りします:2018/04/18(水) 19:59:08.19 ID:fnywaPlr0

俺「ダメ!外に見えちゃう!」
シンゴ「見せてあげようよ。僕たちが気持ちよくなってるところ♪」
外は夜だし、人通りはほとんど無いハズだ。
でも恥ずかしさでおかしくなりそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする