低身長男「俺が小さいから相手の女の子も小さい子がいいなぁ」

スポンサーリンク



1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします (8段):2018/09/03(月) 14:13:23.718 .net
低身長女「自分が小さいから相手には大きい人を求めます」

なぜなのか


VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:—-: EXT was configured

3 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:14:10.215 .net

そら独身増えますわ

27 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:21:56.454 .net

>>20-39
今年のお盆に、M県K海岸に行った。
強い日差しのもと、岩場に競パンや六尺の野アフィカス郎どもがゴロゴロ寝そべっていた。
俺も競パン一丁になり、オイルを塗って岩場に寝そべった。しばらくすると、隣に男が来た。
色黒の髭短髪ガッチリ六尺野郎だった。そいつは俺に会釈して「いい身体してますね」
俺も「あなたこそ褌が似合ってカッコいいですよ」
六尺野郎「どうですか?」
俺「やりましょう」
俺達は松林に入った。まずはお互い身体を撫で回し合いながら、股間をまさぐった。
69の体勢になるとマラを六尺から引き出した。
「すげ、いいチンポ!」「あんたのも、太えよ!」
俺達はマラをしゃぶり合った。
「あああ、いい、いい、早く〜!」
俺は早く掘って貰いたく甘えた声を上げた。
「ねえ、お願いよう〜!」
六尺野郎も俺の上でケツを突き出した。俺達はしばらくケツを突き合わせてせがみ合っていた。
そして松の木の下で睨み合いながら、
「なによ!野郎ぶってるから、てっきりタチだと思ったわ」「アンタこそ髭まで生やしちゃって、ネコのくせに!」
「オネエのくせに何よ、やる気!」

「ちょっと待った!」
背後から声が掛けられた。見ると、さっきの岩場で見かけた越中親父だった。
「お兄さん、いや、オネエさんたち、いがみ合ってないでこいつはどうだい?」
越中親父はマラを引き出した。20センチ近くある、赤黒くてよく使い込まれた感じの助平マラだった。
「凄い!」
俺達は並んで四つん這いになり、越中親父が俺達を交互に責めた。デカマラで俺達のケツをガン掘りし、片方を指でほじくる。
「交互に掘ってやらんとな、指とホンモノじゃ違うだろ」
俺達はひたすら喘いだ。「いいわ! いいわ!」「もう逝きそうよ!」
「おう、三人で行こうぜ!」越中親父は、俺のケツにぶっ放し、俺もトコロテン発射した。
「ああ、出るう!」髭野郎も親父にケツをほじられながら発射した。
これがこの日の俺達の一回戦だった。

26 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:21:29.924 .net

子供「少なくとも父には平均以上の身長を求めます」

9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:15:57.908 .net

チビ男が大体悪いよな

11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:16:23.839 .net

182cmだけど178cmって言ってます
周りのおチビさん達ごめんね☆

17 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:18:45.683 .net

男でチビなのは死ぬほど悲惨

24 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:20:39.177 .net

>>1-19
アフィリエイト今年のお盆に、M県K海岸に行った。
強い日差しのもと、岩場に競パンや六尺の野郎どもがゴロゴロ寝そべっていた。
俺も競パン一丁になり、オイルを塗って岩場に寝そべった。しばらくすると、隣に男が来た。
色黒の髭短髪ガッチリ六尺野郎だった。そいつは俺に会釈して「いい身体してますね」
俺も「あなたこそ褌が似合ってカッコいいですよ」
六尺野郎「どうですか?」
俺「やりましょう」
俺達は松林に入った。まずはお互い身体を撫で回し合いながら、股間をまさぐった。
69の体勢になるとマラを六尺から引き出した。
「すげ、いいチンポ!」「あんたのも、太えよ!」
俺達はマラをしゃぶり合った。
「あああ、いい、いい、早く〜!」
俺は早く掘って貰いたく甘えた声を上げた。
「ねえ、お願いよう〜!」
六尺野郎も俺の上でケツを突き出した。俺達はしばらくケツを突き合わせてせがみ合っていた。
そして松の木の下で睨み合いながら、
「なによ!野郎ぶってるから、てっきりタチだと思ったわ」「アンタこそ髭まで生やしちゃって、ネコのくせに!」
「オネエのくせに何よ、やる気!」

「ちょっと待った!」
背後から声が掛けられた。見ると、さっきの岩場で見かけた越中親父だった。
「お兄さん、いや、オネエさんたち、いがみ合ってないでこいつはどうだい?」
越中親父はマラを引き出した。20センチ近くある、赤黒くてよく使い込まれた感じの助平マラだった。
「凄い!」
俺達は並んで四つん這いになり、越中親父が俺達を交互に責めた。デカマラで俺達のケツをガン掘りし、片方を指でほじくる。
「交互に掘ってやらんとな、指とホンモノじゃ違うだろ」
俺達はひたすら喘いだ。「いいわ! いいわ!」「もう逝きそうよ!」
「おう、三人で行こうぜ!」越中親父は、俺のケツにぶっ放し、俺もトコロテン発射した。
「ああ、出るう!」髭野郎も親父にケツをほじられながら発射した。
これがこの日の俺達の一回戦だった。

33 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:26:34.491 .net

ここまで全部俺の自演
ここからも俺の自演

21 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:19:17.985 .net

チビ女はある程度ステータスだと思うが
チビ男はデブやハゲのようなもんだからな
相当不利よ

2 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:13:53.927 .net

俺低身長だけど身長高くて自分をかわいがってくれる女子のほうが好きだけど

40 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 15:08:14.342 .net

184だけど150以下に好かれる率高いな
ちんこもでかいからキツキツで大変
お姫様抱っことか駅弁が楽なのはいい

7 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:15:15.666 .net

>>2
別にお前は異端でもなんでもないけどね

38 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:39:45.971 .net

183だけど俺より小さければいいよ
というか付き合ってくれるなら俺よりでかくてもいいよ贅沢言える身じゃないよ

29 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:23:41.453 .net

チビハゲデブ「……」

25 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:21:23.488 .net

>>1-19
今年のお盆に、M県K海岸に行った。
アフィカス強い日差しのもと、岩場に競パンや六尺の野郎どもがゴロゴロ寝そべっていた。
アフィカス俺も競パン一丁になり、オイルを塗って岩場に寝そべった。しばらくすると、隣に男が来た。
色黒の髭短髪ガッチリ六尺野郎だった。アフィカスそいつは俺に会釈して「いい身体してますね」
俺も「あなたこそ褌が似合ってカッコいいですよ」
六尺野郎「どうですか?」
俺「やりましょう」
俺達は松林に入った。まずはお互い身体を撫で回し合いながら、股間をまさぐった。
69の体勢になるとマラを六尺から引き出した。
「すげ、いいチンポ!」「あんたのも、太えよ!」
俺達はマラをしゃぶり合った。
「あああ、いい、いい、早く〜!」
俺は早く掘って貰いたく甘えた声を上げた。
「ねえ、お願いよう〜!」
六尺野郎も俺の上でケツを突き出した。俺達はしばらくケツを突き合わせてせがみ合っていた。
そして松の木の下で睨み合いながら、
「なによ!野郎ぶってるから、てっきりタチだと思ったわ」「アンタこそ髭まで生やしちゃって、ネコのくせに!」
「オネエのくせに何よ、やる気!」

「ちょっと待った!」
背後から声が掛けられた。見ると、さっきの岩場で見かけた越中親父だった。
「お兄さん、いや、オネエさんたち、いがみ合ってないでこいつはどうだい?」
越中親父はマラを引き出した。20センチ近くある、赤黒くてよく使い込まれた感じの助平マラだった。
「凄い!」
俺達は並んで四つん這いになり、越中親父が俺達を交互に責めた。デカマラで俺達のケツをガン掘りし、片方を指でほじくる。
「交互に掘ってやらんとな、指とホンモノじゃ違うだろ」
俺達はひたすら喘いだ。「いいわ! いいわ!」「もう逝きそうよ!」
「おう、三人で行こうぜ!」越中親父は、俺のケツにぶっ放し、俺もトコロテン発射した。
「ああ、出るう!」髭野郎も親父にケツをほじられながら発射した。
これがこの日の俺達の一回戦だった。

14 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:17:04.833 .net

>>11
俺も185だけど183ってことにしてる

19 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:18:51.956 .net

今年のお盆に、M県K海岸に行った。
強い日差しのもと、岩場に競パンや六尺の野郎どもがゴロゴロ寝そべっていた。
俺も競パン一丁になり、オイルを塗って岩場に寝そべった。しばらくすると、隣に男が来た。
色黒の髭短髪ガッチリ六尺野郎だった。そいつは俺に会釈して「いい身体してますね」
俺も「あなたこそ褌が似合ってカッコいいですよ」
六尺野郎「どうですか?」
俺「やりましょう」
俺達は松林に入った。まずはお互い身体を撫で回し合いながら、股間をまさぐった。
69の体勢になるとマラを六尺から引き出した。
「すげ、いいチンポ!」「あんたのも、太えよ!」
俺達はマラをしゃぶり合った。
「あああ、いい、いい、早く〜!」
俺は早く掘って貰いたく甘えた声を上げた。
「ねえ、お願いよう〜!」
六尺野郎も俺の上でケツを突き出した。俺達はしばらくケツを突き合わせてせがみ合っていた。
そして松の木の下で睨み合いながら、
「なによ!野郎ぶってるから、てっきりタチだと思ったわ」「アンタこそ髭まで生やしちゃって、ネコのくせに!」
「オネエのくせに何よ、やる気!」

「ちょっと待った!」
背後から声が掛けられた。見ると、さっきの岩場で見かけた越中親父だった。
「お兄さん、いや、オネエさんたち、いがみ合ってないでこいつはどうだい?」
越中親父はマラを引き出した。20センチ近くある、赤黒くてよく使い込まれた感じの助平マラだった。
「凄い!」
俺達は並んで四つん這いになり、越中親父が俺達を交互に責めた。デカマラで俺達のケツをガン掘りし、片方を指でほじくる。
「交互に掘ってやらんとな、指とホンモノじゃ違うだろ」
俺達はひたすら喘いだ。「いいわ! いいわ!」「もう逝きそうよ!」
「おう、三人で行こうぜ!」越中親父は、俺のケツにぶっ放し、俺もトコロテン発射した。
「ああ、出るう!」髭野郎も親父にケツをほじられながら発射した。
これがこの日の俺達の一回戦だった。

35 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:27:53.922 .net

>>29
それに インポタンショウソウロウが付けば完璧な淘汰されるべきオスだな

8 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:15:47.370 .net

わかるわ

31 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:25:47.732 .net

低身長男は一緒に並んで歩きたくない

女の意見↑

10 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:16:20.206 .net

>>7
誰も異端だなんて言ってないけど

12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:16:48.985 .net

俺小さいから250くらいある子がいいわ

15 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:17:24.229 .net

ドブスじゃなければオッケー👌

36 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:28:40.735 .net

変態糞親父も貼ってほしい
できればやったぜ以外のやつ

37 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:29:47.265 .net

うるせえハゲ

23 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:20:08.083 .net

低身長で高身長女好きだけど結婚したのはホビットが相手だったわ

16 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:17:24.412 .net

>>13
オモロー!
なお長谷川亮太は不細工な性犯罪者の模様

6 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:15:00.007 .net

分かる

20 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:19:10.106 .net

183だけど好きなキャラが182って書いてあるから182って言い張る

4 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/09/03(月) 14:14:41.347 .net

女の言う普通って
顔面普通以上、身長普通以上って意味だからな
この時点で1/4しかいない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする