【遺伝/民族学】色の見えない人々が住む太平洋の島[02/01]

スポンサーリンク



1 :しじみ ★:2018/02/01(木) 15:58:41.88 ID:CAP_USER.net
南太平洋に浮かぶミクロネシア諸島のピンゲラップ島は、
別名「The Island of the Colorblind(色を識別しない人たちの島)」と呼ばれる。
これは英国の神経学者オリバー・サックスが1996年、人間の脳に関する自著で使った呼び名で、
この島に先天的に色の見えない住民が比較的多いことに由来する。

 同島がこうした遺伝的背景をもつようになったきっかけは、一説によると、
1775年の猛烈な台風によって人口が一時的に激減したことにあるという。
この台風を生き延びた島の統治者が、1色覚(色を識別しない視覚)となる希少な遺伝子を有しており、
やがてその遺伝子が後の世代に受け継がれていくこととなった。

 今も島民の10%ほどが1色覚の遺伝子を持っていると考えられており、
その割合は、一般に3万人に1人とされる発現率に比べて極めて高い。

ベルギー人写真家のサンヌ・デ・ヴィルデ氏は、ピンゲラップ島と色覚多様性の概念に発想を得て、
遺伝をテーマとした一連の作品を製作している。
2015年に島を訪れた際、彼女は色を判別しない人々の目に映る世界を表現するシリーズ写真を撮影した。

 一部の作品は白黒写真だ。しかし彼らの中には、赤や青などをかすかに知覚できる、
1色覚とは異なるタイプの人もいた。そこで彼女は赤外線で撮影できる装備やレンズを用いて、
特定の色を変化させたり、弱めたりして撮影を行った。
さらにその後、色を判別しにくい人たちに、できあがった写真に水彩絵具で着色するよう依頼し、
彼らには世界がどのように見えているのかを表現してもらった。

言うまでもなく、目で見たことのないものを理解することは容易ではない。
たとえば白と黒しか知らない人にとって、オレンジ色とはいったい何だろうか。
「色とは、それが見えない人にとっては単なる言葉に過ぎません」とデ・ヴィルデ氏は言う。

島から戻った後、彼女は立ち位置を逆転させる試みとして、オランダのアムステルダムにある自身のスタジオで、
色覚多様性を疑似体験するインスタレーションを行った。
来場者は、色を認識しにくくする効果を持つ照明に照らされた部屋の中で絵を描く。
部屋を出た人々は、自らが描いた作品の鮮やかな色彩に驚かされるという仕掛けだ。

「私が目指すのは、人々に新しいものの見方、世界との関わり方を体験してもらうことです」と
デ・ヴィルデ氏は言う。彼女はこの他、アルビノや小人症などを扱うプロジェクトも手掛けており、
それらも同じく遺伝、地理、社会的なレッテルに関わるものだ。

しかし、視覚あるいは目は、世界と最初に交流する手段だ。
色に関する今回のプロジェクトは、つまり、物事のとらえ方についてのプロジェクトであり、
2人の人間が同じ存在ではあり得ないことを示すプロジェクトでもある。

画像一覧
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/ph_thumb.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/07.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/02.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/03.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/04.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/05.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/013000043/

2 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 16:11:24.83 ID:FPCDFn6L.net

現実が見えない生物が生息する半島「朝鮮半島」。
これらは、不思議なことに妄想しか見えないのだ。

3 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 16:13:15.02 ID:yEyjAe/1.net

>>1
日本でも昔の村はこんな感じだったんだろうな

4 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 16:19:51.05 ID:jcz/IVfn.net

>>3
昔の日本は緑したたるきれいな国だったんだよ
戦国時代にやって来た宣教師とか明治初めに日本を旅行した
イザベラバードが感銘を受けている

何とか半島は違うよ

5 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 16:23:32.90 ID:V+ddpxiT.net

一方聴覚は普通の人間の数倍帯域が広く
40kHzまで伸びているのであった

6 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 16:29:21.34 ID:6wIz+13H.net

全人類に視覚が無くなっても、生産性の低下は十数パーセントだという試算がある。

7 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 16:39:47.69 ID:f/vYon+6.net

「The Island of the Colorblind(色を識別しない人たちの島)」と呼ばれる。

単純に「色盲島」でいいじゃないの。
おそらくポリティカルコレクトネスへの配慮だろうけど。
あと、ホラー作品かパロディ的なタイトルにも見えるね。

8 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 16:45:12.08 ID:zxLV/K15.net

イヌがそうだな
代わりに嗅覚が発達してる

9 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 17:02:18.32 ID:AMFwf0m2.net

色覚正常でも色がどのように見えているのかは証明できない
信号の緑は共通認識できても自分の緑と他人の緑が同じとは限らない

10 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 17:03:03.88 ID:mXU57rEF.net

ポリネシアって自力到達の人はほとんどいないからな
大航海時代に障害を理由に捨てられた人たちの末裔と考えるほうが妥当

11 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 17:03:58.77 ID:ex04IQRF.net

単純な白黒の世界とは、また違うんだな

12 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 17:05:57.75 ID:7JuFoCmj.net

へき地東北関東はこんな感じだろ

13 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 17:07:23.71 ID:d8EtpA6S.net

遺伝が前提みたいな内容になってるけど大丈夫なんか?
あの関係の話題は発狂する類の輩がいるのでさらっと書かれてるのが衝撃的で良かった

14 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 17:11:39.07 ID:fIMVhTN8.net

淘汰圧はかからないのか?

15 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 17:17:06.21 ID:t6KvoDUS.net

>>2
これな

16 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 17:24:45.38 ID:YT20xcLv.net

その代わり明暗がものすごい細かく分かるとか、普通の人は見えない領域まで分かるとか無いのかな

17 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 17:30:23.86 ID:9/nAc7Bu.net

アメリカとフランスの南太平洋の核実験の影響じゃないのか。

18 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 17:45:50.52 ID:u0x1SAUw.net

元の色相の画像もないとわからんがな

19 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 19:17:17.46 ID:a37ZRLqO.net

>>14
色が判別できても生存に特に有利ってわけでもないんだろう。

20 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 19:40:59.55 ID:3fYdVjS3.net

カラーコード見分けられないね

21 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 20:14:48.51 ID:RbjhufK4.net

>>1の写真悪意がないか?
こわいんだけど

22 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 20:28:57.98 ID:XN7Gxm5d.net

獲物を捕まえるのに有利そうやな

23 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 20:50:06.66 ID:eMZZl1vY.net

社会の成員のマジョリティーがそういう遺伝的形質になれば、
そのように社会も設計されるので、それが生活に支障をきたす
障害にはならないのかもな。信号も色以外の方法で普及したり。

24 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 22:54:58.84 ID:Cz05+JSd.net

>>19
有利だぞ。例えば果実が熟しているかどうか分かる。

25 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 22:55:33.69 ID:Cz05+JSd.net

赤外線とか紫外線を知覚したい。

26 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 23:18:26.61 ID:ZGv3RZ/3.net

抵抗値が分からないんじゃ電子工作は出来ないな

27 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 23:32:38.98 ID:AHswJKkn.net

ほとんどが近親者か。恐ろしいな

28 :名無しのひみつ:2018/02/01(木) 23:36:31.12 ID:gk+CZpsG.net

ネオ・ダルトン社の色覚補正レンズフィルターは合計32種類用意されているが、実際にはそのうち
12種類で色覚異常の人の98%の人の補正が可能

俺のおじさんが生きている内に体験させてあげたかった。

29 :名無しのひみつ:2018/02/02(金) 00:03:59.36 ID:I8SZG67A.net

本当は人間の色覚は4色のはずなんだけど、それが生存に影響を及ぼさなかったからか
自然にはあまり存在しない青緑が抜けている
まぁ青と緑で補間してるから見えるんだけど、どうしても暗くなってしまうという

女性には4色色覚が現れることがあって、この世界がかなり鮮やかな色彩に感じられるという

30 :名無しのひみつ:2018/02/02(金) 00:08:03.23 ID:I8SZG67A.net

>>26
抵抗は全部テスタで測ってから実装するから
あまり問題になったことはないな

31 :名無しのひみつ:2018/02/02(金) 07:04:14.07 ID:V91aZxxG.net

>>2
うむ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする