【考古学】国宝「金印」再現なるか? 鋳金・考古学者らが実験…失敗 古代技術の「謎」解明へ再挑戦[04/17]

スポンサーリンク



1 :しじみ ★:2018/04/22(日) 02:33:16.33 ID:CAP_USER.net
 福岡市東区の志賀島で発見されたと伝わる国宝の金印「漢委奴国王」の製作を再現する実験が始まった。
取り組むのは「九州鋳金研究会」に所属する鋳造技術や考古学などの専門家たち。
古代の金印がどのように作られたのか、いまだ詳しいことが分かっていない謎の解明への挑戦だ。

 3月末、福岡県宗像市にある福岡教育大の鋳造室。九州鋳金研究会会長で、
鋳金が専門の宮田洋平教授(58)が溶解炉を熱していた。地金を溶かす「るつぼ」が炉内にある。
木炭を炉に入れると、火の粉が高く舞い上がり、真っ赤な炎は勢いを増した。

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」への金印の登録を目指すNPO法人
「志賀島歴史研究会」(福岡市東区)の要請を受け、九州鋳金研究会は金印の製作技術の研究を始めた。

 昔の官印に関する文献を踏まえて工法を検討し、古代中国でも行われた蝋(ろう)型鋳造法を採用。
金属を溶かす熱源は、現代ではコークスを用いるのが一般的だが、当時の工法に近づくため、木炭を使うことにした。

 鋳型は、宗像市の鋳物師、遠藤喜代志さん(68)が製作。
福岡市博物館にある金印のレプリカを参考に、蜜蝋と樹脂を混ぜて原型を作った。
実物よりわずかに大きくしたのは、後で加工するためだ。

    □  □

 歴史研究会のメンバーや福岡市博物館の学芸員など合わせて約30人が見守る中、実験が進む。

 火入れから約1時間。炉内の温度が千度を超えると、地金をるつぼの中へ投入した。
金の含有率は実物と同じ。湯口まで満たすため、地金は実物よりも約90グラム重い。

 15分ほどで地金が溶けた。炉内の温度は1188度に達していた。
地金を鋳型に流し入れると、オレンジ色の液体は急速に赤みを失って固まった。

 さらに1時間後。宮田教授が冷ました鋳型を木づちで割ると、砂まみれの金印が現れた。しかし…。

 「残念ながら失敗です」と宮田教授。金印の印台の一部が欠けていた。

 宮田教授によると、熱源に使い慣れていない木炭を使ったことで
、地金が十分に溶解せず、湯口に近い部分まで行き渡らなかったようだ。

 当初は金印を鋳造後に印面に篆刻(てんこく)する予定だったが、その手法を含めて製作法を再検討し、
実験は原型作りからやり直すことになった。ただ、古代の技術解明のためには、
失敗を追体験することも大切なことかもしれない。

 九州鋳金研究会は、志賀島歴史研究会が10月に開く金印シンポジウムで一連の研究成果を報告する予定。
歴史研究会理事の岡本顕実さん(74)は「金印を技術的に検証し、製作法が明らかになれば、
世界の記憶登録への追い風になる」と期待を寄せている。

【ワードBOX】国宝金印「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」

 江戸時代、志賀島で農民が発見したと伝わる。古代中国の史書「後漢書」に、
後漢の光武帝が57年、福岡平野にあった奴国の王に印綬を与えたと記され、
「漢委奴国王」と刻まれた金印のことだとされるが、偽物説もある。一辺2.3センチ。
重さ108グラム、金の含有率95%。福岡市博物館所蔵。

関連ソース画像一覧
金印の製作を再現する九州鋳金研究会のメンバーたち=3月30日、福岡県宗像市
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_000_m.jpg
溶かした金を鋳型に流し込むと、あっという間に固まった
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_001_m.jpg
九州鋳金研究会が作った金印。湯口に近い部分が欠けている
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_002_m.jpg

関連ソース画像
【考古学】本物か?国宝の金印「漢委奴国王」で研究者がシンポジウムで激論[18/1/21]
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/409269/

西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/409269/

2 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 02:37:54.83 ID:p6B8p4TY.net

ヘタクソだな ボケ
頭を使えや

3 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 02:56:50.30 ID:K0+KihLr.net

当時の技術で作れないということはつまり、それは後世に作られた捏造品だと考えるのが一番理にかなっているな。

4 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 03:03:31.05 ID:24H5uuUN.net

そもそもオリジナルは、鋳造なのか鋳造後に篆刻なのか。
それ不明なままなら意味なくね?

5 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 03:16:25.64 ID:cXGqFFGE.net

そもそも同時代に作られたと明確にわかっているもので、
同じような造形物はあるのか?
全くないなら、後世の捏造の可能性が高いが?

6 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 03:37:08.68 ID:AoFAlGPl.net

川口の残り少ないベーゴマ職人にお願いしたら、一発だっんじゃね?

7 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 04:13:53.43 ID:jx9/Haep.net

中国の技術力を見くびってるんじゃね?

8 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 04:16:00.33 ID:LrW9kvKe.net

>1 ・・201804170007_000_m.jpg
無駄に立ち上る炎が大きすぎるのではないか。空気量が足りないとか。
(一種のパフォーマンスだと考えているのかも)

9 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 05:09:01.02 ID:67SLs1Cj.net

これって物証は九州から出てるのに、偽造だとか言って認めないんだよな
考古学は物証じゃなくて感情で歴史を作ってるわかりやすい事例だ

10 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 05:50:10.86 ID:LrW9kvKe.net

>>9
出土状況が不審なんだよね。
1.大切なものなんだろうから、袋に入れた上、上等な箱に納める
 くらいのことをしてもよさそうなものだ。
2.「敵対勢力」が奪い取って、外装は焼却してしまったとしても、
 「金の固まり」をポイ捨てするだなんて、ヘンだろ。
 出自がわからないように加工してから売り飛ばす。それが
 人間のやりそうなことだ。
3.野原を田圃に変えるには、たいへんな労力・時間がかかる。
 何度も土木工事をしたり、耕したのだろうね。
 立派な田んぼになった後で、ポイっと見つかる。ヘンだよ。

11 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 05:52:05.33 ID:k4eokG7R.net

水銀使わないと、そりゃうまくいかないわ

12 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 06:04:26.70 ID:PIq1vNwQ.net

>>6
古代人に二級酒なんて作れないだろ。
それがなきゃ川口の職人と同じ方法でやってたはずとか言えん。

13 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 06:04:53.38 ID:77jew29y.net

 

>>11

精錬やメッキじゃないんだぞ、鋳造で水銀なんか使うか?

 

14 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 06:45:27.37 ID:leT40xRr.net

>>9
考察する人の 宗教や思想、氏育ちの影響が大きい
公正で客観的な考察はほとんど無いと思っていい。

15 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 06:52:44.25 ID:tEASsi0L.net

>>14
そういう考えもどうかと思うけどね
で、結局の所、どっちが主流、或いは多数派なの?
個々が客観的で無くても全体で見れば概ね正しい判断はできるわな

16 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 07:09:49.01 ID:CJ8VguSg.net

>> 宮田教授によると、熱源に使い慣れていない木炭を使ったことで
>>、地金が十分に溶解せず、湯口に近い部分まで行き渡らなかったようだ。

幼稚な失敗で、論外ですよ。
同時代の別の金印との比較検討をやったとは思えない幼稚な実験。

17 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 07:21:40.17 ID:tEASsi0L.net

>>3
> 当時の技術で作れないということはつまり、それは後世に作られた捏造品だと考えるのが一番理にかなっているな。
いやいや
逆の発想も出来るが。当時の技術で作れないって事はむしろ本物だという証明になる
それに発見自体大分昔で最近の話じゃ無いぞ
なんつうのか、同じ記事でも先入観や思想の違いで全く新逆に見る人が多いんだなあ、って痛感するよw

18 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2018/04/22(日) 07:23:00.09 ID:2qetCF5H.net

(‘A`) /☆ ピコーン 3Dプリンターで鋳型を造ろう…バレるかな?

19 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 07:39:46.37 ID:UgwDzg52.net

鋳型の上下間違ってないかい。印面が上だろ、後で削って平らにしろと。

20 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 08:03:12.35 ID:DdDVpvEB.net

>>18 頭使えってさ >>2

21 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 08:18:57.11 ID:S0aS3McE.net

なんだろ、この検証とも言えない杜撰さ
考古学とか学芸員とか、実験手法の検討すらせず
ヤッテミタだけで良いの?

22 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 09:24:15.55 ID:k4eokG7R.net

>13 >精錬やメッキじゃないんだぞ、鋳造で水銀なんか使うか?

金を熱で溶かすのでなく、水銀にとかしてアマルガムにして型に押し込んで
作るのだよ。(昭和には銀歯作ってたやり方)あとは水銀だけが蒸発して
固くなるのを待てばよい。ツタンカーメンもこのやり方 

23 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 09:28:39.51 ID:5jDvFa47.net

タダの不器用だと思います。

5・6回やればコツをつかめるだろ

24 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 09:56:54.46 ID:kkfyvT3l.net

「再現」だから難しいんだよ

遥かに「良い」ものならば直ぐに作れる
全く同様に「下手」なものを作るのは、非常に難しい

25 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 10:30:27.53 ID:dLZhYKeZ.net

再現は難しい この結論ありき

コレを導き出すための実験だからw

26 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 10:43:53.23 ID:84Yj119B.net

あの金印は江戸時代の作

27 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 11:00:02.00 ID:AoFAlGPl.net

当時に黒鉛の坩堝はあったのだろうか

28 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 11:03:01.15 ID:jEhKzTKp.net

始皇帝の時代には墓に大量の水銀を使っていたので金のアマルガムの知識はあったのかもしれない。
健康被害はとんでもないことになるだろうけど。

29 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 11:07:49.81 ID:NnBTVqYH.net

ロストワックスじゃないの?

30 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 11:22:59.24 ID:LR7jmfIe.net

やっぱり生娘が炉に飛び込まないと作れないんだな

31 :ニュースソース検討中@自治議論スレ:2018/04/22(日) 12:01:00.77 ID:0Wmq78Uh.net

>>28
中国では皇帝以外に人権はない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする