【医学】広がり続ける「病院格差」 医者のレベルはこんなに違った

スポンサーリンク



1 :しじみ ★:2017/12/26(火) 03:45:59.56 ID:CAP_USER.net
研究熱心な医者と不勉強な医者、経営状態のいい病院と赤字の病院――どの医者に診てもらうか、
どの病院に行くかによって寿命が変わる時代がやってきた。拡がり続ける「病院間の格差」を徹底レポートする。

〈知識が更新されていない〉

「糖尿病専門医の立場から言わせてもらうと、他の病院から来た患者さんのカルテを見て、
この医者は知識が乏しいなと感じることがあります。なんで初診の患者さんに、
いきなり3種類もの薬を出しているのかと、首を傾げたくなることもある。

特に最近は医学が細分化されてきたので、内科医の場合、最新の医療知識に追いつけていない医者も少なくない。
それにより、患者さんが不利益を被っているのです」

こう語るのは、ともながクリニック糖尿病・生活習慣病センター院長の朝長修氏だ。

現在の医学はめまぐるしいスピードで進んでいる。昨日まで常識だったことが、
実は間違いだったという研究結果も次々と発表されている。それにともない、医者の「情報格差」が拡がっている。

たとえば、風邪を引いて病院に行くと「念のため抗生剤も出しておきましょう」と医者に言われた経験がある人は少なくないだろう。
だが、風邪に抗生剤が効くというのは、20〜30年前の「古い常識」だ。

抗生剤はウイルス性の風邪やインフルエンザには効果がない。この情報は、現在の医学界において「常識」である。

それどころか抗生剤を飲むことで耐性菌(細菌の薬に対する抵抗力が高くなり、薬が効かなくなること)を
作り出してしまうことが近年、問題視されている。

医学の最新情報をフォローし、常に知識をアップデートしている医者と、
勉強せず昔の常識のまま同じ治療を続けている医者では、当然、治療結果にも差が出てくる。

医者は常に勉強することが求められる。だが、すべての医者が勤勉で高い意識を持っているとは限らない。

知識レベルが低い医者にかかったために、いつまでたっても治らず、より悪化したり、
最悪の場合、死期を早める可能性もある。患者にとってはたまったものではないが、
いまの時代、「どの医者を選ぶかで治るか治らないかが決まる」と言っても過言ではない。
医者を見抜く目が患者にも求められているのだ。

では知識のない医者はどういう治療をしがちなのか。具体的に病気別にみていこう。

続きはソースで

週刊現代
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53812

2 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 03:55:14.34 ID:VwN6/hSd.net

>>1
レベルだけじゃなくて、大学病院の差もあるなぁ。
A大学系列は30まで抗癌剤行くけどB大学は20までとして、
B大学が小さな都市の唯一の医大だと、その都市だと、どこ行っても
抗癌剤使ってもらえないので、県外行かなきゃ抗癌剤治療出来ないとか。

3 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 03:55:32.06 ID:AMcSsjfH.net

ま、常識の範囲

4 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 03:58:50.32 ID:AMcSsjfH.net

専門医と言ってもピンキリだから、気いつけや。

5 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 04:04:55.48 ID:c0ky23+O.net

医者のAI化はよ

6 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 04:14:21.63 ID:j8VnWyvQ.net

こう語るのは、普通の開業医。

7 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 04:17:26.11 ID:fntWHULQ.net

本当にAIで良くなるな
将来医者が看護師みたいな立場になるんじゃないの

8 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 04:24:37.79 ID:JDTuDyXk.net

9割の医師はAIの判断に責任を取る管理職的存在兼看護師の介助者となるし、残り1割の医師はAIの開発運用を担当することになる。
40代以下の若手には生来の人間嫌いな理系がほんとうに増えたから、これでいいんじゃないかね。人間なんか相手にしなくても医師ができるようになる。

9 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 04:40:29.49 ID:M36m7Gnb.net

個人医院も格差酷いよ。先日、耳が痛いから耳鼻科行って検査して
特に異常が無いけどって、抗生剤と痛み止め貰った。治療費約3000円
で1週間経っても余り良くならないので、その近所にある別の耳鼻科に
言ったら、「両耳が耳垢で完全に塞がっていますね〜」って言われ
綺麗にして貰い、同じ薬を貰った。治療費1000円。

10 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 05:06:41.17 ID:SAE3Pe3F.net

市立病院に来てた大学からの出張医が大学病院へ検査入院すすめてきたから親父が入院したけど
悪化させただけでデータ取りのモルモットにされただけだった
それでも完治しましたって書かれて放り出される(退院)のだから笑える

退院後にまた市立病院行ったら大学病院で担当だった医者がまた対応してて笑うしかなかった
皮膚疾患って難治だからそういうものなのかな

11 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 05:25:53.25 ID:5++Qvr4g.net

.>>1
開業医の立場から言わせてもらうと、

アメリカ糖尿病学会で認められている糖質制限をいまだに認めていない日本の糖尿病専門医に知識が乏しいなと感じることがあります。

抗生剤はウイルス性の風邪やインフルエンザには効果がない…‥だから使ってる医者は混合感染の予防に使ってるだけ。

12 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 05:34:15.17 ID:8XUDI6oa.net

今、湘南鎌倉バースにいて内科医デブ沖縄女、直美だっけな?鎌倉市の佐藤病院で透析患者何人殺した?お前が早く死ね

13 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 05:35:25.19 ID:8XUDI6oa.net

湘南鎌倉の柏木ドクター口悪すぎ

14 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 05:37:58.83 ID:ouaVlier.net

合併症の時、アフォ医師は徹底的にアフォだから、
症状を入力して考えられる病状、処置法をすべてアウトプットしてくれる
AIはどんな医師よりも数倍ましだろう。
馬鹿のヤブにこういう病気もあるのかと気づかせてくれるだろう。
AIは良いだろう。
ただし、細菌やウィルスも日進月歩だから、AIのみに
頼ることも危険だ。
エイズとかわけの分からぬ病気がたくさんある。エイズはほぼ、
目途が立ったが、初期のころは何が何だか分からず、
オカマほりの病気とされていた。

15 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2017/12/26(火) 05:39:58.35 ID:Ot/xQCzM.net

医院で内科医…≡≡≡  ⊂⌒‾⊃。Д。)⊃ すべった

16 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 05:52:44.19 ID:8XUDI6oa.net

鎌倉市の橋本クリニック、人間ドックしか紹介出来ない無能、医師やめろ。

17 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 05:54:55.12 ID:8XUDI6oa.net

慶應病院長格が違う。素晴らしすぎるスーパードクター、

18 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 06:15:25.87 ID:ouaVlier.net

>>17
病院長がいつもいつも診察してくれるとは限らんだろう。
教授はすごいけど、弟子はすべてヤブですたとかじゃなければいいけど。

19 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 06:59:59.65 ID:hG5Os/2m.net

待ち時間が長すぎる病院も問題だ、 患者になっても長続きしないと思う

20 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 07:07:35.98 ID:55Wg7ePo.net

まあでかい病院でも無能な医師に当たればアウトだよな。担当医の判断に他の医師はあまり口を出さないからな。(相手が格上ならまず出せない。)

21 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 07:30:02.86 ID:h6d0PRwY.net

運転免許ですら更新制度があるのに日本の医師免許はそれがない
国際的にも異常な事でかつて検討されたが業界に骨抜きにされた
ちなみに教員免許更新制度は制定されたのに骨抜きにされた
日本は後進国だね

22 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 08:38:31.50 ID:0sDkOpDW.net

総合病院(赤十字)と大学病院で比較するのは意味のあることか分からないけど
持病が元で腸に膿の溜まったのを地元の赤十字で治療してもらって(開腹してない)、その後隣県の大学病院に検査入院したところ
大学病院の方の消化器内科のそこそこ偉いらしい先生が
「自分ならまず腹を開けてる、勉強になった」
と赤十字の先生を名医だと絶賛してたな

23 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 09:17:09.53 ID:C7Wr6PK4.net

風邪自体は医学部の各講座で習うけど
風邪の臨床的診療となると独学なんだよな
自分が風邪ひいて「抗生剤飲んでるのになかなか治らん」なんて医者もいたわ

風邪で病院に行くメリットは「風邪と思ったら風邪じゃなかった」を見極めてもらうため
「風邪引いた」っていってきた患者を丁寧に診ていると流感・アレルギー性鼻炎・気管支炎はもちろん
肺炎・喘息・膠原病・発疹性疾患・ガンなども少なからず見つかる

24 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 09:18:12.07 ID:zI2rtbmJ.net

あったなぁ…

25 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 09:33:05.35 ID:AK3ktEG5.net

>>1、あやしいことの始まりは、もう15年も前になる。

特にひどいのは当事の厚生省で何かがおかしいと訴えたところで厚生省(一人でやるしかないですね。)ときやがった。
やるしかなかったから15年やったさ、驚いたことに省庁は俺より始末が遅いのかとおもいきや
なんら問題を片付ける気配どころか県庁や所轄が問題が浮き彫りになりそうになったらことごとく
揉み消すことにいたった。今年なんて通報した警官が姿をくらます事態だ。

ものすごいよ、気づけばいくつも工作が重ねがかって問題に取り組もうとすればとにかく割り込みで
邪魔が入った過失犯罪へっちゃらで今でも続けようとしてやがる。
町運営の診療所はカルテなんて無いと医師法違反が発覚、勤めていたのはほとんど入れ替わり。
思い知らされたのは今でも何にも変ってない、診療所の自己正当化が法律家の如くだ。

去年はほとほとひどい有様で、老人ホームにいた母親は胃の上に肝臓が乗っかてて重症化していて父親も
癌抑制剤を17年も服用した結果、副作用が骨髄を抑制し血を作らなくなり母親が他界するなか薬の
原因を伏せたままで2度の脳内出血をくりかえし、1度目の手術後に行ったビハビリは原因となった
癌抑制剤を服用しながら再発の兆候である手足症候群をわずらわせながら足をぱんぱんに腫らせ
歩かせてた。二度目の手術でようやく原因をつかんだ。

親父は薬の副作用で鎖骨神経を弱らせたのか足の肉は削げ落ち、脳出血を繰り返す2年前には
背骨の一対が押し潰れると言う骨折を今年再度繰り返した。

医者いわく、この件に関して(治療<癌抑制剤>をやめたら異常が無くなった。)と常軌を逸した発現が
飛び出てきた。いらない薬を増やしまだ続けるつもりらしい。

医師法違反、医療過失、薬害と続き、警察が犯罪を手助けしてるもの確認できた。

テロじゃねえぞ、もう戦争だぜ。

26 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 09:36:35.79 ID:AK3ktEG5.net

>>22

よかったじゃんw

危険なとこはすぐ切りましょう、やれ切りましょうだ。

切れば切るほど弱っていく身内の姿をみてこっれはあやしいと

やっぱり危険なこと盛りだくさん。

病院で殺される時代に突入だよ。

27 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 09:39:53.11 ID:AK3ktEG5.net

>>25

鎖骨神経 ×

坐骨神経 ○

28 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 10:05:59.68 ID:4t1ySe+g.net

母親が通ってる病院がサロン状態
待合室で患者同士でしゃべったり
内科医も自分に任せてくれればたいていの病気は治るから大丈夫、
みたいなこと言って
皮膚科では処方しないような強いステロイド軟こうを出したりする
母は治療してもらってると言うよりは
医者の話が聞きたいだけの信者みたくなってる

29 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 10:07:07.96 ID:b9qprKFt.net

全ての医者が勤勉で優秀であることは期待できない
まあ、どうしようもないな

30 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 10:10:29.54 ID:b9qprKFt.net

最新の知識は製薬会社のセールスマンのほうがよく知ってるんだから
きちんと聞けよw

31 :名無しのひみつ:2017/12/26(火) 10:12:18.34 ID:ydwxRCOS.net

>>1

病気格差もそうだけど

医者個人の格差も酷いもんだよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする